スポンサード リンク

佐野和真

佐野和真さんの大悟、ドラマ砂時計のあらすじ37話での名場面

佐野和真&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、佐野和真さんが演じた大悟の中高生時代に焦点を合わせ、佐野和真さんのシーンをピックアップして紹介。


半年後…1998年 17歳 冬
杏と別れてから半年が経ちますが、大悟は妹や両親に元気が出るように励まされていましたね。

大悟の誕生日。
椎香が手に大悟へのプレゼントを持って待っていると、大悟がやって来ます。
椎香は大悟に「大悟君と杏ちゃんが別れたの、私の所為だよね」と謝ります。
しかし大悟は「誰の所為でもない、もう終わった事だけん」と椎香を反対に気遣います。
「私、初恋だったの。なのに大切な人傷つけて…」と椎香、そして別れ際に大悟に言います。
「大悟君、誕生日おめでとう」しかしその手の持っているプレゼントは手渡す事は出来ませんでした。

大悟が家にいると、いつもの同級生4人が大悟の誕生会だと励ましに来ます。
しかし、なぜかお好み焼きを大悟に注文!焼くのはなぜか大悟です(笑)


佐野和真さん演じる大悟には、いつも同級生4人が力になります。
出番自体はそう多くはないのですが、繋がりは固いんですよね。
この場面でも、友達が大悟を慰めに来るんですが、なぜか大悟がお好み焼きを焼く事になるんですよね、笑ってしまいましたが、いいですよね、ほんと。
佐野和真さんを見ていると、ほんと同級生と居る時が楽しそうです。
この後の展開では、友達だからこその想いが爆発するんですが、良い場面なんですよね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。