スポンサード リンク

佐野和真

佐野和真さんの大悟、ドラマ砂時計のあらすじ38話での名場面

佐野和真&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、佐野和真さんが演じた大悟の中高生時代に焦点を合わせ、佐野和真さんのシーンをピックアップして紹介。


大悟は歩と勉強しているんですが、思わず聞いてしまいます。
「お前、毎日何時間ぐらい勉強しとるんだ?」
「ん〜5時間ぐらいかな」と答える歩に驚く大悟。

大悟の家で大悟の友達、大木やすずちゃん達がクリスマスパーティを準備しています。
前回大悟を殴った大木は「大木もちゃんと仲直りしてよ」「大悟には、もう友情しか残っとらんけん」とすずちゃんに言われています。
そこに帰ってくる大悟、そして歩。
大悟は大木に「大木、この前悪かったな」と反対に謝ります。
勉強をするという大悟、そして歩に肩透かしを食ったようで、皆は引き上げます。

年は明け、正月も過ぎた頃、藤が初詣に来ていると、そこに大悟も初詣にやってきます。
藤が先に帰りかけるのですが、振り返って大悟に言います。
「今度、東京に戻ったら、杏に返事を貰う」「俺の事考えてくれと言った」
大悟は一言「そうか」とだけ答えます。


佐野和真さん演じる大悟ですが、藤に杏に返事を貰うと言われて「そうか」とだけ答えるんですが、このときの佐野和真さんの大悟の表情はいろんな事を表さないといけないから大変だったでしょうね。
この回辺りでは大悟と歩が良い感じになっているんですが、前回あったように佐野和真さん演じる大悟は杏の事は忘れてはいないんですよね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。